ジェネリックスキルを測定して数値化

大学教育を通じたジェネリックスキル開発を
測定と育成の両面から支援するプログラム

ジェネリックスキルとは?

大学教育を通じた育成が
求められる基礎力

PROGとは、専攻・専門に関わらず、大卒者として社会に求められる汎用的な能力・態度・志向(以下、ジェネリックスキルといいます)を測定し、育成するためのプログラムです。
ジェネリックスキルを可視化し、客観的評価の指標を設けることで、教育成果の検証を行うことが可能となります。

VIEW MORE

PROGとは、専攻・専門に関わらず、大卒者として社会に求められる汎用的な能力・態度・志向(以下、ジェネリックスキルといいます)を測定し、育成するためのプログラムです。
ジェネリックスキルを可視化し、客観的評価の指標を設けることで、教育成果の検証を行うことが可能となります。

VIEW MORE ジェネリックスキルが求められる背景とは?

HOW PROG WORKS

ジェネリックスキルを
2側面に分解して測定

リテラシー

知識を元に問題解決にあたる力

新しい問題やこれまで経験のない問題に対して
知識を活用して課題を解決する力

PROGではジェネリックスキルの中でも知識を活用し問題を解決する能力であるリテラシーを、 「情報収集力」「情報分析力」「課題発見力」「構想力」という、問題解決のプロセスに不可欠な4つの要素で測定・評価します。

PROGで測定できるスキル

コンピテンシー

取り巻く環境に実践的に対処する力

周囲の状況に上手に対応するために身に付けた
意思決定・行動指針などの特性

PROGではジェネリックスキルの中でも自分を取り巻く環境に働きかけ対処する力であるコンンピテンシーを、 「対課題」「対人」「対自己」の3領域に分け、客観的な評価が取得可能な手法を用い、測定・評価します。

レポート&トレーニング

充実の結果報告書と育成支援コンテンツ

結果報告書は学生と親和性の高いデザインを採用。その他、解説セミナーや示唆的で啓発的なコメントを提示し 過去の経験に対する思い出しを促進して自己理解を深める「強化書」など、ただ受験して終わりではないトレーニングコンテンツが付属します。

PROGで実現できる教育改革

ジェネリックスキルを可視化するPROGは、教育改革の様々な面においてご活用いただけます。ここではその一例を、実例を交えてご紹介しています。
※各販売会社のページへ遷移します。

長崎大学の
教育改革推進戦略 長崎大学

VIEW MORE

PROG活用による
初年次ゼミ改革産業能率大学

VIEW MORE

芝浦工業大学の
教育イノベーション芝浦工業大学

VIEW MORE

PROGが選ばれる理由
その他事例のご紹介

VIEW MORE

お申し込み/お問い合わせは
各販売会社にて受付中